ケントハウスのこだわり

当店では、フランスから輸入した食材や、季節のフルーツなどを使って、パティシエが心を込めて、毎朝店内で生地を作り、クリームをこね、ケーキを作っております。その他、焼き菓子やチョコレートなども色々と取り揃えて、皆様のお越しをお待ちしております。

ケントハウスのお菓子はチョコレート、卵、バター、生クリームに至るまですべての原材料にこだわりをもっています。
特にチョコレートはオーナーパティシエが厳選したヨーロッパのものだけを使用しています。

チョコレート

チョコレートパッケージの写真

チョコレートとは、カカオ豆を発酵、焙煎したカカオマスを主原料にカカオバターや砂糖などをまぜたお菓子の総称です。特に、国際規格にのっとった上質なチョコレートのみに与えられる称号をクーベルチュールといいます。

クーベルチュールとは、「総カカオ固形分35%以上、カカオバター31%以上、無脂カカオ固形分2.5%以上、カカオバター以外の代用油脂は使用不可」などの厳格な規定があり、ヨーロッパでは、それらの規定をクリアしているものにのみ使われています。
しかし日本では、クーベルチュールという名称に規格はないため、「製菓用」という意味で使われている場合もあります。

ケントハウスは、チョコレートの本場、ベルギー/フランスのクーベルチュールチョコレートのみを使用しています。

フレッシュ生クリーム フレッシュバター

生クリームをしぼっている写真

ケーキのおいしさにこだわるのであれば、生クリームやバターのおいしさはとても重要な要素のひとつとなります。

ケントハウスでは、乳脂肪分36%の新鮮な牛乳から作った北海道産生クリームを使用しています。国内産の生クリームは、とても上品でまろやかな味に仕上げることができ、他の素材との愛称もとてもよいのです。

生クリームやバターがフルーツとスポンジ生地などそれぞれの素材をまとめあげる役割を担っているからこそ、いいものを使いたいと考えています。